ブランクをどう乗り越える?

潜在看護師を取り巻く現状

看護師業界は人の入れ替わりが多い業界です。その理由は、看護師業界が女性が多く活躍しているためです。女性はどうしても、出産や育児などの家庭の事情で退職や休職をする方も多くなっており、それに伴って新しい看護師の方が募集されるという流れになっており、人の入れ替わりの元になっています。

また、職場環境も、特に病院などは忙しい現場も多く、そのハードさから退職してしまうという方もいます。こうして現場を離れて、今は看護師の仕事をしていないけれど資格は持っているという方を、潜在看護師と呼ぶ事があります。看護師として復帰できる可能性を潜在的に持っている方です。

今の所、看護師を辞めて潜在看護師になる方と、潜在看護師から復帰して、また看護師としての仕事をる方では、辞めていく方の方が多くなっています。ですが、徐々に職場の環境などが改善される動きが出てきており、離職率は少しずつ、低下し始めています。

こうした潜在看護師の方の復職を支援する制度やセミナーなども積極的に開かれるようになってきており、各地で復職支援セミナーが行われています。

ここでは、ブランクのある看護師の方が、最近の医療の知識や技術についても、実際に体験して習得できるような内容になっており、復職しやすい環境が整ってきています。こうした潜在看護師を呼び戻す事で、人手不足の看護業界を改善しようとする狙いがあり、その効果は上がってきています。

ただ、復職しやすい環境が整ってきているとは言え、やはり看護師の方自身のスキルやブランクの期間などは、採用する側からすると気になる面ではあります。その際に大切なポイントになるのが履歴書です。

どのくらいのブランクがあるのか、復職してきちんとやっていけるのかなどを、まず判断されるものになるため、力を入れて作成する事をお勧めします。転職サイトでは、履歴書の添削サービスもあるので、利用しながら質を高めるのも良い方法です。