透析看護師になる前に知っておきたい待遇について

透析業務を行う看護師の収入、休日など

患者さんの血液をきれいにする業務である透析の仕事を行う看護師は、一般病棟の看護師よりも収入面で高めの水準になる事が多いです。これは、透析という業務が他の診療科目よりも、より専門性の高い知識や技術を必要とするためです。

また、患者さんの血液をきれいにする装置の取り扱いを間違えれば、最悪命にも関わるトラブルにも繋がりかねません。万が一トラブルが起こった場合は早急に対処をしますが、こうした事から、収入は高めになっています。

病院によってもその収入は変動しますが、25万円から30万円ほどとなっています。また、ボーナスも、大きな規模の病院では、4か月分ほどの金額を貰えたというケースもあり、重大な責任を担う業務の代わりに、その収入は業務に見合った内容になっていると言えるでしょう。

特に東京、大阪、福岡、名古屋などの都市部では患者さんが多く、透析を行う必要のある患者さんも多いため、業務が忙しくなりやすいので高めの水準になる傾向があります。

年収の金額で言うと、450万円から500万円が平均となっています。この収入のアップに繋がっているのは、主には透析手当という手当です。透析業務が大変という事は病院側も認識しており、この仕事に携わってくれる方には、それだけの手当を払う、というスタンスになっています。

また、他の細かな手当てが付く場合もあります。また、透析には認定看護師の資格があるため、取得するとこちらも資格手当が付くため、より収入のアップに繋がります。

透析業務のデメリットとしては、患者さん一人ひとりと接する時間が多くなり、付き添っている必要が出てくるので、長期の休みが取りにくいという事が挙げられます。

勤務時間は日勤のみで夜勤はありませんが、病院にいる時間が長くなる事も多く、残業が生じやすいという面もあります。ただし、夜勤などがある他の診療科目と比べて、大きく働きにくいという事はないため、求められるスキルは高くなりますが、一度検討してみるのも良いでしょう。