大学病院への転職を考える看護師の方必見!

看護師の転職先:大学病院を選ぶ場合のアドバイス

大学病院は特的機能病院の位置にあります。 集まって来る患者様は次のような人たちです。

・一般病院の施設では診察や治療ができない重症患者様
・高度専門治療が不可欠な患者様
・難病認定されている病気の患者様
こういった患者様を看護する看護師はさまざまな症例を経験することができるでしょう。

ここでは、看護師が転職先を大学病院を選ぶ場合のアドバイスをお話します。 大学病院は看護知識・医療知識の幅を広げてスキルアップしたいと向上心がある看護師には、とても得るものが多い仕事場だでしょう。 大学という教育機関ですから「教育制度」については充実しています。

看護師が採用されるのは随時ではありません。 大学病院が看護師を採用するのは年度毎になります。 大抵の大学病院では4月採用のみでしょう。 転職を考えているならば、採用方法や採用のタイミングは早めにチェックしておくべきです。

大学病院は大規模ですから採用人数は100人単位と多いです。 たくさんの看護師が入職しますから、新卒ナースのみならず中途採用も多い傾向があります。 新規採用者研修やオリエンテーションも本格的なもので手厚いのが特徴です。

採用される看護師は看護経験が3年目以内の若手の比率が高いです。 あなたの年齢や看護経験によって違いますが、場合によっては「教育する立場」になることを求められるかもしれません。 大学病院の場合は、インターンシップや就職説明会が開催されることが多いと言われてます。 入職する前に職場の雰囲気を体験できますし、実際に勤務している看護師の声が聞けるのもメリットです。

こういったメリットがある反面、デメリットもあります。 研修医などの若いドクターも多いですから、点滴や注射などの手技を看護師がする機会は少ないです。

これをプラスに受け取るのか<看護技術が向上しにくい>とマイナスにとるのかは受け止め方に個人差があるでしょう。 また一部の大学病院では「経験を積めて、すごく勉強になるけれども忙し過ぎる>というケースもあります。 手術や急患が多いですから勤務もシフト通りにいかないです。

「勉強会」「委員会」「新薬の説明会」なども多いです。 通常の看護業務以外の理由での残業もたくさんあると聞きます。 デメリットはあるものの、給与や福利厚生面での待遇は他の病院と比較すると申し分はないでしょう。